発進、加速、徐行のイメージを
的確に人の「五感」に伝える疑似走行音を発生。
環境に悪影響をおよぼすCO2の発生を抑えるため、ハイブリット車は発進からモーターのみの走行が可能です。このため、このモーター走行時は「無音状態」で、歩行者に対して接近がわかりにくく、事故が発生しています。アーク デザインRSOは、このモーターで走行する範囲を自動制御でクルマの走行する疑似音を発生。歩行者/運転者の「音」に対するイメージで、安全注意を五感で感じさせる、疑似音を完成させました。
*信号待ちなどの停車時に、エンジン停止時状態でのドライブレンジ時で約15秒後に自動的に音量を下げて運転者のストレスを低減します。

簡単な取り付けコンパクトな形状。
LEDの点灯でエンジン疑似音の発生を知らせます。
取り付けは、故障診断コネクタへの接続のみで、面倒な配線は不要です。また、省スペースにハイパワーアンプを内蔵した本体とコンパクトで軽量のスピーカーのセットで取り付けが容易です。さらに、作動状況が見やすい取り付け場所を選ばないスイッチを追加しています。

*本体を埋め込みの場合は、車両側カウルパネルの加工が必要になります。

状況に応じたエンジン疑似音が優しく歩行者に注意を促します。
単一的な音の変化では近接状況が判りづらいため、車速やアクセル開度の状態に会わせて音量やピッチを変化。運転状況もふくめて、より自然にインフォメーションすることができます。また、停車/停止時の検知を行い、発音の必要/不要を判断し、自動的に作動します。

国土交通省車両接近通報装置ガイドライン準拠
2010年1月、国土交通省による、有識者による「ハイブリッド車等の静音性に関する対策のガイドライ」が定められました。アーク デザインRSOはこの「ハイブリッド車等の静音性に関する対策のガイドライン」に準拠しています。

●記載データはすべて当社試験基準によります。
●製品の仕様および外観の一部は予告なく変更することがあります。
※本品は当社指定の対応車種以外に取付けた場合の不都合およびトラブルには対応しかねます。%本品は日本国内でのご使用いただくことを前提に製造、販売しております。したがって本製品の保証サービスおよび不都合などの対応は日本国外でのお受けはできませんのでご了承ください。また、日本国外では当確国の法律または規制により本製品の使用できないこともあります。このような国では本製品を運用した結果罰せられ場合、当社は一切責任を負いかねますのでご了承ください。

 

RSO ( Run Sound Operation )
価格¥22,000.(税抜き)

対応
‧プリウス(ZVW30)----------品番 01-0007X-01
#プリウスEX(NHW20)-------品番 01-0007X-02
※価格はメーカー希望小売価格です。専門業者において取り付ける場合の取付け工賃は含まれていません。

 
Copyright © 2013 ARK Design Co.,Ltd.