aidl2-h
aidl2-h

車速が10 ㎞ /h に近づくと、自動的にドアロックを行います。(前進時のみ)ただし運転席シートベルトを着用していないとドアロックは行いませんので、駐車場や敷地内での車庫入れ時などでの煩雑なドアロックを防ぎます。
(そのまま誤って通常走行を始めた場合には、10 ㎞ /h 以上でシートベルト着用と同時にドアロックを行います)
aidl2-h
aidl2-h

助手席の人員安全確保の為に、ドアロック後は助手席のドアロックを手動で解除した場合、自動的に再度ドアロック( リロック) を行います。
(リロックまでのタイムラグの間にドアハンドルを操作した場合にはドアは開きます)
運転者が集中ドアロックスイッチにてロックした場合には、上記リロック動作は行いません。
aidl2-h
aidl2-h

停車後( 車速0km/h) にPポジションにする、又は運転席側シートベルトを外したときにロック解除します。
(Pポジションを検知後ドアロック解除するので、同乗者の乗り降り時の安全性が高まります)
aidl2-h
aidl2-h







急ブレーキと判断されるような急減速を検知した場合、
ハザードランプを点滅させます。
走行中の場合は、急減速検知の条件範囲でのみ作動します。
急減速検知後0.5 秒以内で車速が0km/h になった場合は、検知条件範囲を超えて数回点滅します。
(゛道路運送車両の保安基準の緊急制動信号灯に係る基準゛に大凡準拠)
上記の急減速の度合いを上回り、衝突事故と判断されるような急激な減速を検知し、その時点から6 秒以内に停車した場合にはドアロック解除を行います。
(衝撃感応ではないため、状況によりロック解除を行わない場合もあります。)
aidl2-h
aidl2-h









シフトレバーをR に入れ、後退を開始するとハザードランプを点滅させます。
シフトレバーがR 以外になった時点から3 秒後に消灯します。
3秒以内に、 Pレンジに入れると、アンロック動作とともに直ちにハザードは消灯します。
ハザードが点滅し始めてからは、ウインカーレバー操作を行うと直ちにハザードは消灯します。
また、ウインカーを出しながらRレンジで後退中は、ハザードは点滅しません。(ウインカー優先)
助手席の手動ロック解除に対してのリロック動作は行いません。
そのままDレンジなどで走行を開始した場合に車速検知にてロックします。
運転席シートベルト解除によるアンロック動作は行いません。
そのまま停車(5km/h 以下)し、N/D/L レンジに移行し、 ハザードが消灯した時点でアンロックします。
aidl2-h
aidl2-h
aidl2-h

サイドブレーキをかけたまま発進した場合、直ちにホーンを吹聴し、警告します。
商品名:
商品No.:
適合:


定価:
AIDL2 for FIT
01-0008H-01
HONDA FIT/FIT HYBRID
(GE6・GE7・GE8・GE9/GP1・GP4)

¥23,000(税別)
*本製品はあくまでも手動でのドアロックやアンロックを補助する装置です。
*エアバッグが作動するような事故でもロック解除を行わない場合もあります。
 また機械的にドアロック/ 解除機構が破壊されたときは、解除作動が行えない場合があります。
*本製品からリバース連動ハザード/サイド戻し忘れ警告機能を除いた、ホンダ汎用(01-0008H-10)の設定もあります。
Copyright © 2013 ARK Design Co.,Ltd.